木札

もともとは火難や災厄を逃れるための縁起物として使われていた「木札」。
表・裏にお好みの文字を漆で手書き致します。
本体は、素材・サイズのご選択
文字と漆の色
紐は色とストラップ用・首掛け用をお選び頂けます。

選択詳細

  • 木札素材
  • 1.本体(札)素材

    左から本柘植・黒檀・象牙・マンモスからご選択頂けます。
    ※右から1番目は、マンモスの裏側となります。
    マンモスのみ裏面の加工を「表皮そのまま」もしくは、
    前面と同様に「削り出し」をご選択頂けます。
    表皮そのままの場合は、裏面の文字入れは不可となります。

  • 本体(札)サイズ
  • 2.本体(札)サイズ

    左から
    小)縦40x横15x厚み5mm
    中)縦45x横18x厚み5mm
    大)縦55x横20x厚み5mm
    特大)縦60x30x5mm
    からご選択頂けます。

  • 3.書体
  • 3.書体

    籠文字・勘亭流からご選択頂けます。

    ※最大文字数/小)3文字
    中・大・特大)いずれも4文字

  • 文字色
  • 4.文字色

    黒・赤・朱からご選択頂けます。
    ※表面・裏面で異なった色もご選択可能です。

  • 紐の仕様
  • 5.紐の仕様

    根付・ストラップ用と首掛け用の長紐のどちらかご選択頂けます。
    素材は化繊になります。
    有料(¥660)で正絹に変更可能です。

  • 紐の色(根付・ストラップ用)
  • 6a.紐の色(根付・ストラップ用)

    根付・ストラップ用の紐の色です。
    左から黒・赤・白・朱・ブルー・ピンク・紺・黄・茶・紫・薄紫・緑・若草
    の色からご選択頂けます。

  • 紐の色(首掛け用)
  • 6b.紐の色(首掛け用)

    首掛け用の紐の色です。
    左から白・黒・赤・朱・紺・紫・黄・深緑の色からご選択頂けます。
    通常は化繊になりますが、正絹も別途有料(¥770)で変更可能です。

製品についての注意点

・名入れに使用する漆につきまして
現在は合成塗料(通称 新漆)に変更させて頂いております。主成分はうるし科の植物の天然樹脂を使用していますが、色に含まれる顔料の中には有害な物も含まれるため 乳幼児等がなめたり致しますと健康を害する恐れがありますので、乳幼児用の札のご注文はお断りさせて頂きます。
・象牙取扱い許可番号(特定国際種事業者番号) T-3-13-30109
・マンモスには証明するラベルシールがつきます。

仕上がり予定日

ご注文確定より2週間程度

木札価格表

サイズ本柘植黒檀象牙マンモス
2,3102,3103,7404,114
2,7502,7505,3905,929
3,4103,4107,3708,107
特大4,9504,95010,56011,616

関連商品

  1. 螺鈿札

    木札に光のあたり具合によってキラキラと美しい輝きを放つ螺鈿を施しました。螺鈿(夜行貝)は古くから日本の伝統工芸品等に使われ、漆と貝を組み合わせたデザインは親しまれております。裏面はお好みの文字をお書き致します。

  2. 夜桜札

    華麗に舞う桜を漆で表現しました。日本ならではの風情が漂う木札です。裏面はお好みの文字を漆でお書き致します。 紐はストラップ・首下げ紐をお選び頂けます。

  3. 南天札

    南天は昔から「難を転じて福となす」として縁起の良い植物として親しまれています。裏面にはお好みの文字を漆でお書き致します。

  4. 駒札ストラップ

    将棋の駒と親しまれている駒札を本柘植(御蔵島産)と象牙でストラップ用に作りました。駒札は、将棋以外にも神輿の露盤の前に下げたりしていますが、元は時代劇に町中に通達等の御触れをするための「高札」が駒札の形に似てる事や、山車が場内(江戸城)に入る順番を山車の前後に下げた事から現在につながっていると思います。

  5. 枠付き札

    木札に枠を入れ、千社札札のように作りました。

  6. 拍子木ストラップ

    拍子木は古来より、歌舞伎、相撲、祭礼等に多く使われ、日本人には馴染みのある品ですが特に神輿の巡行の際には神輿の上げ下げの時に使われる拍子木をストラップサイズに作りました。素材は樫、黒檀、象牙の三種。サイズは、縦50×横10✖厚さ10㎜

ページ上部へ戻る